ウミガメと海洋汚染と漂着ゴミ

0

網や釣り糸の餌食になるウミガメは水面に浮かび上がることができず、 肺呼吸のため、溺死してしまいます。また、釣り糸を飲み込むと食道・胃を傷つけ、致命傷になり、その犠牲になるウミガメは、年間20万頭と言われます。そこでアメリカは、エビは獲れるがウミガメは逃げる「ウミガメ除去装置(TED)」を開発しました。こうして、混獲は97%も減らすことができました。他の漁業でもウミガメが網や釣り針にかからない方法や、かかっても脱出できる仕組みが使われれば多くのウミガメが助かるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です