環境ホルモンはいたるところにある

0

化学物質が、環境ホルモンの原因であることは言うまでもなく、生活の中で環境ホルモンは、身体の中に入り込み、殺菌剤・防腐剤・殺虫剤・農薬・食品添加物・ダイオキシン等の化学物質が取り込まれます。環境汚染された川や海なども当然、有害物質が含まれ、産廃処分場の侵出水から、実に35種以上の環境ホルモンが検出されたことは驚愕の事実です。

粗大ごみ・ゴミのポイ捨ては絶対にやめたほうが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です