酸性雨と生物

0

湖や沼に酸性雨が降ることで、そこに生息する生物が、減少。または、死滅する。海や川・湖沼などに、酸性雨が降ることで、水生生物は生息できない状態になり、産卵できない状態になる。他には、異常な遺伝子ができることで、雌雄同体など、の異常生物の増加。「黒い森」とも呼ばれ、立ち枯れの状態も見られる。海へ酸性雨が降ることによって、大量の有害プランクトンの発生。海の生物も減少、死滅する。さらに、私たちが食べている魚なども汚染され、食べることによって、様々な病気を引き起こす。人体への影響は、髪の色が緑色に変色する。目や喉、鼻や皮膚を刺激する。金属は酸に溶け出しやすいので、土壌に固定などで使われているアルミニウムなどを酸性雨が溶かしてしまいます。溶け出した物質が、河川や海などに溶け出すことによって、飲料水などに混ざり、アルミニウムなどの化学物質が、私たちの体に蓄積することによって、アルツハイマー病などの病気の原因のひとつになっています。

Category: 環境 TAG: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です